本文へスキップ

砂浜がきれいな町新鹿町にある、新鹿小学校・新鹿中学校

  電話でのお問い合わせは
TEL.0597-86-0012,0013

〒519-4206 三重県熊野市新鹿町916-4

 活動の様子平成27年度

平成27年度3月の活動

 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 平成28年 1月 2月 3月

2016年3月25日(金)
修了式

 平成27年度の学校生活最後の式となります。
 学年初めに立てた目標を1年間で達成できたかでしょうか。みんなの顔を見ていると、晴れ晴れとした様子だったので、きっとステップアップしてくれたのでしょう。
 4月からは1学年あがって、また、新しい目標に向かって進んでほしいと思います。
         
 修了式のあとは、掃除をして、学活で1年間を振り返っていました。中学校はミニ集会で、集会の挨拶をがんばった人の表彰がありました。小学校は、入学式の練習をしました。


 学校は、明日から春休みに入ります。

2016年3月24日(木)
校庭の桜

 今週に入り、肌寒さを感じる日が続いています。でも、校庭の桜の花が少しずつ開いてきました。
          

2016年3月23日(水)
H28年度、生徒会役員選挙

 中学校は、会長、副会長、書記にそれぞれ1人ずつ立候補者がいました。昼休みに立会演説を行い、投票を行いました。
 3人の立候補者は、役員になったら他の役員とともにがんばりたいと決意を述べてくれました。投票の結果、3人とも信任され、4月から生徒会役員として活躍してくれることと思います。

2016年3月22日(火)
今年度、最後の集会(中学校)

 毎週火曜日に行ってきた集会も、今年度最後となりました。
 先週は、期末テストのためなかったので、卒業式以降1・2年生だけの集会は初めてです。3年生4人が卒業し、13人となり少し寂しい感じでしたが、いつもの集会のように生徒会の司会で進んでいきました。委員会からの発表もありました。
          

2016年3月18日(金)
第3回 学校評議員会

 雨が降り始めた夕方、4人の学校評議員さんにお越しいただき、学校評議員会を行いました。
 今回は最後となるので、学校の取組について色々ご意見をいただきました。(学校関係者評価)
 挨拶も良くできてるし、いろんな事に子どもたちはがんばってると褒めていただきました。小中いっしょの校舎にいることを活かして行事などで小中連携して取り組んでいるところはとてもいいと思う。でも、小中それぞれ独自の取組も大事にしてやってほしい。など、色々意見をいただきました。
 来年度に向けて取組を考えていくときの参考にさせていただきたいと思っています。

2016年3月18日(金)
小学校、卒業式

 小春日和の暖かな天気に恵まれて、卒業式を行うことができました。
 8人の卒業生は、小学生最後のお手本になるような姿を見せてくれました。それに、在校生も答えて、すばらしいお別れの言葉が交わされ、とてもいい卒業式となりました。

2016年3月16日(水)
H28年度前期児童会役員選挙(小学校)

 来年度、すぐにスタートできるよう前期児童会役員選挙が行われました。
 会長、副会長、書記にそれぞれ1人ずつ立候補者がいました。4限目に全校が集まって、立会演説会と投票をしました。
 3人の立候補者は、それぞれ役員になったときの決意を話してくれました。その後の投票で、3人とも信任され、4月から児童会役員として活躍してくれることになりました。

2016年3月14日(月)
小学校 卒業式練習

 小学校の卒業式に向けて、体育館を使っての練習が始まりました。
 これまでは教室での練習でしたが、体育館の広い場所での練習で雰囲気も違い、少し緊張した面持ちでした。あと3日間の練習となりますが、卒業生の思い出となる卒業式にしてほしいと思います。

2016年3月13日(日)
新鹿区避難所運営訓練

 新鹿区の避難所運営訓練が行われました。
 地域の方が120人ほど集まり、避難所に入る受付のところから始まりました。受付が終わると、班ごとに割り振られている体育館のスペースに行き、磯和教授から避難所運営に関わる話を聞いたり、仮設トイレの組み立てをしたり、と避難所での生活を意識した訓練でした。
 最後、炊き出しで作られたお弁当をもらって終了しました。
 訓練に参加した方は年配の人が多く、若い方、特に、子どもたちが少なかったので、実際にはもっと違った問題も出てくるのではないかと感じました。

2016年3月11日(金)
3.11 避難訓練

 東日本大震災から5年。地震・津波の爪痕がまだまだ残っているとききます。この地方でも、洞牙、あるいは、もっと大きな地震が発生すると想定されています。大地震が起これば、大津波が押し寄せてきます。この大津波への備えが必要とされています。
 学校では、大地震が発生したら、大津波に備えて高台まで避難する訓練をしています。東日本大震災の日に合わせて、今年度最後の避難訓練を行いました。
 休み時間に大地震が起こったという設定で行いましたが、子どもたちは落ち着いて行動でき、1分25秒で1次避難場所まで避難できました
     

2016年3月10日(木)
6年生、卒業遠足

 インフルエンザで延期していた卒業遠足を一人まだ欠席していたのですが、もうこれ以上は延期できないという日程だったので、行ってきました。
 暑くもなく寒くもなくと言うまずまずの天気でした。まず、新宮の阿須賀神社にある歴史民俗資料館を見学して、阿須賀遺跡の出土品や新宮城に関する展示品などを見学しました。
 次に、新宮城跡に行き、お弁当を食べて、遊ぶ時間を少し取りました。鬼ごっこやかくれんぼをして楽しみました。
 そこから、歩いて東宝ボールまで移動しました。2.5km約40分の道のりを元気いっぱい歩いていました。
 ボーリングはみんなあまり経験がなかったようでしたが、ガータ有り、ストライク有りとみんなで盛り上がりました。
 行動が早かったので、予定より早く学校に帰ってきました。

2016年3月8日(火)
中学校、卒業式

 10時から、保護者、来賓の方にも加わっていただき、卒業式が行われました。
 4人の卒業生は、卒業式でも立派な姿を見せてくれました。インフルエンザで学校閉鎖があったので、練習もあまりできず、ほぼぶっつけ本番だったにもかかわらず、堂々といつもの頼もしい3年生でした。
 最後は、小学生も加わり、アーチで卒業生を送り出しました。

2016年3月7日(月)
低学年が保育所と交流

 低学年が保育所の子どもたちを招いて、交流会をしました。
 内容は、ボーリング、輪投げ、魚釣り、きしゃぽっぽ、ロケットの旅の5つのゲームを楽しんでもらいました。
 保育所の子どもたちは、ゲームを終えるとシールをもらって、とても楽しそうにしていました。

2016年3月7日(月)
小学生と中学3年生とのお別れ

 明日の卒業式を前に、小学生が中学3年生にこれまでのお礼とお別れをしました。
 これまで、小中合同での行事ではいつも先頭に立ってがんばってくれた中学3年生に学級ごとに心をこめてお礼ををしました。
 中学3年生は、明日が卒業式です。