人権作文

 人権作文発表は、この2人が司会を担当しました。
 今年、中学校で「あっていい違い、あってはならない違い」について人権学習の中で考えました。
 
   私たちは誰でも、一人ひとりいろいろな「違い」をもって、生活しています。その「違い」には、なければ困る「違い」もあります。でも、よく考えてみれば、ないほうがいい「違い」もありませんか?


    私たちが生きていくために絶対に必要な水。その「水」について世界には大きな「違い」が存在しています。その「水」について考えました。


    一人ひとりの人間にとって、他の人と「違って」いることは、とても大切なことです。その大切な「違い」について考えました。


    人間は、一人ひとりみんな違う。だから、すばらしい。でも、時として「違い」を理由にし、仲間を差別し、生きる希望すら奪ってしまうこともあるのが、人間です。そんな「違い」を考えました。