本文へスキップ

砂浜がきれいな町新鹿町にある、新鹿小学校・新鹿中学校

  電話でのお問い合わせは
TEL.0597-86-0012,0013

〒519-4206 三重県熊野市新鹿町916-4

 活動の様子平成29年度

平成29年度10月の活動

 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 平成30年 1月 2月 3月

2017年10月31日(火)
やきいも大会

 28日(土)に予定していたやきいも大会を行いました。いい天気になったので、暑いくらいでした。
 いもを新聞紙とアルミホイルでくるんで炭火に入れて、焼けるまでの間は児童会が中心になってレクをしました。
 焼き上がったいもを子どもたちはおいしそうにほうばっていました。

2017年10月30日(月)
手話劇の立ち稽古始まる!

 今日から手話劇の立ち稽古を始めました。
 今回は台詞の読み合わせが中心となるので、中学校のメディアスペースで行いました。
 一つ一つ確認しながら、3年生中心に練習が続けられました。

2017年10月30日(月)
後期掃除の班、発表(小学校)

 1限目、後期縦割り班の顔合わせのため、2回のホールに集まりました。
 先日決まった後期児童会役員の紹介に続いて、100冊本を読んだ児童の表彰をしました。
 続いて、前期縦割り班で反省をしたあと、後期縦割り班の班長が発表され、続いてメンバーが紹介されました。

2017年10月28日(土)
十日会との交流学習

 26日(木)に続いて、十日会の方に来ていただき、交流学習を行いました。
 1・2年生は、「昔の遊び」を教えていただきました。お手玉やおはじき・棒落としなど子どもたちも楽しく取り組んでいました。


 3・4年生は「昔の暮らし」を、5・6年生は「戦争の頃の話」を教えていただきました。


2017年10月27日(金)
小学校低学年 生活科授業公開

 小学校1・2年のクラスで、生活科の授業公開がありました。
 小中の先生方が授業の合間を見て参観し、子どもたちの授業に取り組んでいる様子を見せてもらいました。どんくりや松ぼっくりを使って動物をつくっていましたが、「リスをつくってみたい」と言いながら、きらきらと目を輝かせてつくっていました。

2017年10月26日(木)
いもほり(小学校)

 4限目、小学生が「いもほり」をしました。十日会の方10人ほど参加していただき、手伝ってもらいました。
 まず、十日会会長の大矢さんから「昔はこのいもの蔓を皮をむいて食べていたんだよ」と話してくれました。
 いもを掘り始めると、大きないもが見えてきました。掘っても掘ってもいもが出てこないので、子どもたちも悪戦苦闘していましたが、大きないもがたくさんとれました。>



2017年10月26日(木)
手話教室

 2・3限に毎年教えていただいている手話講師の2人の山本さんに手話を指導していただきました。
 生徒たちがこれまで調べてきた手話が劇に適しているか、一つずつ確認しながら修正していただきました。生徒たちは先生が直してくれた手話を見てメモをしている姿は真剣そのもので、しっかり取り組んでいました。
 これから本格的に手話劇の練習に入っていきます。

2017年10月25日(水)
小学校 後期児童会役員選挙

 小学校で、後期児童会選挙の立会演説会が行われました。
 今回は立候補者が多かったので、会長・副会長・6年書記、5年書記の4人の役員を選びます。
 演説会では、明るく楽しい学校、いじめや仲間はずれのない学校、きれいな学校などの目標を掲げ、全校レクでみんなが楽しめるゲームを計画するという内容が多かったです。それぞれの立候補者の思いが伝わり、みんなとてもいい演説をしてくれました。
 後期の児童会が楽しみです。

2017年10月24日(火)
手話劇台本作り

 今年も中学生は文化祭で手話劇に取り組みます。この日で4回目となる台本作りです。
 手話辞典を引きながら一生懸命取り組んでいる生徒たちの姿が見られました。どんな子は劇になるのか楽しみなところです。

2017年10月24日(火)
中学校生徒会「あいさつ運動」

 生徒総会で決まった「あいさつ運動」を先週から始めています。
 生徒会役員を中心にして、みんなより早く登校し、児童生徒玄関前であいさつをしています。生徒会のがんばりで、あいさつが自然にできる学校になるといいですね。

           
2017年10月23日(月)
台風21号の猛威

 22日から23日にかけてこの地方を通り抜けた台風21号は、スクールバスの路線に大きな傷跡を残しました。
遊木へ入って行く道路が崩落し、この道路の復旧にはしばらく時間がかかりそうです。二木島・甫母へ行く道もがけ崩れによる道路の封鎖のため不便な状況となっています。
少しでも早い復旧を望むところです。


        <遊木地区>                   <二木島地区>

        <甫母地区>  
2017年10月20日(金)
狂言体験

 県生涯学習センターにお願いして、小中全員が参加して「狂言体験」を行いました。
 講師は、伊勢市在住の森さんです。森さんの家は代々が狂言師を務めてきて、日本の伝統文化の継承に努力されている方です。
 まずは森さんから狂言独特の言葉づかいや能との違い、舞台についてなど、狂言の色々なお話を聞きました。次に、6年生の国語の教科書の出てくる『柿山伏』を披露していただきました。。子どもたちはみんな真剣なまなざしで講師の演技に見入っていました。
 いよいよ体験です。まず、狂言独特な笑い方を教えていただきました。そして、扇子をもって、小舞『盃(さかずき)』を教えていただきました。お面もつけさせてもらって、これまで体験できなかったことをさせていただけて、子どもたちも興味津々取り組んでいました。




2017年10月18日(水)
校区防災委員会開催

 コミュニティ・スクールの3つの柱の1つである「防災」の取組を2つ考えました。まず、9月1日の地区と合同避難訓練を行いました。次に、地域とともに「防災について考える会」を実施することにしました。この「防災について考える会」を計画・実施するために校区防災委員会を開催しました。
 一昨年春に行われた避難所運営訓練を振り返る意味も込めて、避難所となっている学校で開催する計画を進めています。この「防災について考える会」は、今後遊木や二木島などでの校区内での開催も考えています。
 今年度の「防災について考える会」は今回の委員会で「開催日時:1月20日(土)9時」と「会場:新鹿小・中学校体育館」が決まりました。次回の委員会では内容について詳しく話し合いを持ち、決定していく予定です。

                
2017年10月17日(火)
学校開放日

 あいにくの雨となりましたが、9時30分から学校開放日でした。
 雨のためか午前中は少なかったですが、午後からはたくさんの保護者の方が見えてくれて、子どもたちも張り切って授業に参加していました。
 小学校は、天気が良ければ「いもほり」の予定だったのですが、雨のため体育館で全校レクをして楽しみました。


2017年10月17日(火)
高校説明会(中学校)

 午後から、木本・紀南・近大新宮の3校の先生が見えて、高校説明会を受けました。
 間近に迫った高校入試に向けて3年生だけでなく2年生も真剣に聞き、わからないところ知りたいことを質問していました。

2017年10月17日(火)
囲碁教室

 4回目の囲碁教室です。教えていただく内容も高度なものになってきました。
 小学生は囲んだら相手の石を取って自分の陣地にできることはわかってきたようですが、囲んだのに取り忘れていることが多く、対戦がどんどん進んでいくと勝ち負けがわからなくなるということで「囲んだら取る」というめあてで子ども同士対局しました。
 中学生は、実戦形式で対局していました。中にはきらりと光る1手を打っている生徒もいました。

2017年10月16日(月)
文化祭オリエンテーション(中学生)

 いよいよ文化祭に向けての取組が本格的に始まります。
 取組を進めて上で、オリエンテーションを開いて、民難で取組内容を確認したり、役割を確認しました。
 今年は、中学生10人で文化祭の進行や目玉の手話劇を取り組みます。みんなの力を集結して、小学生もいっしょになってすばらしい文化祭にしてほしいです。

2017年10月16日(月)
小学校、食育の授業

 金山小から栄養教諭の福嶋先生に来ていただき、2限目に3・4年生、4限目に5・6年生が食育の授業を受けました。
 3・4年生は、「野菜はかせになろう」というテーマで野菜の種類やそのはたらきを学習して、進んで野菜を食べることが身体にいいことを学びました。5・6年生は「じょうぶな骨」というテーマで、骨の病気「骨粗しょう症」について知り、じょうぶな骨にするために気をつけることを学びました。

2017年10月13日(金)
後期生徒総会

 中間テストを終えた4限目、後期生徒総会が開催されました。
 9月27日に決まった後期生徒会役員が中心になって、後期の活動内容が提案され、それを全員で決定しました。
 生徒会年間テーマ「Shine Your Light 〜 君の光を輝かせ!〜」のもと、「元気なあいさつをしてみんなが幸せに学校生活を送れるようにする」サブテーマを掲げ、文化祭や卒業式などの取組をしていきます。また、あいさつ運動では「週初めに玄関で元気よく挨拶をする」活動を計画しています。あいさつあふれる学校になってくれるといいですね。

2017年10月7日(土)
県テニス新人戦

 9月の初めに行われた熊野地区大会で6位以内に入り、男女1ペアずつ県大会へ出場する権利を得ました。この県新人大会へは三重県各地から男女とも94ペアが参加しました。会場は鈴鹿スポーツガーデンテニスコートで、14のコートを使って試合が行われました。
 初めは、緊張していたのか動きが硬かったのですが、ファーストサーブを決めたり、目の覚めるようなリターンをしたり、普段練習してきたショットも出ていました。しかし、最後は相手の力が勝ったようで、男女とも1戦目で敗退となりました。
 県大会へ出場した経験をこれからの練習に活かしてほしいと思います。

2017年10月4日(水)
4限、大豆の収穫

 大豆プロジェクトで植えた大豆が育って、たくさんの豆まめをつけました。
 そこで、4限目に枝豆として、収穫しました。カメムシがいて大変でしたが、一房の大豆からたくさんの豆がとれて、子どもたちも一生懸命作業をしていました。
 せっかく収穫したので、昼休みに枝豆をゆでて、5限目が始まる前に食べました。おいしかったのか、みんな無口になって食べていました。


2017年10月3日(火)
秋の遠足(小学校)〜美術館、博物館見学

 秋の遠足として、8時半に学校を市のバスで出発して、津市まで行きました。
 美術館に着くと、この事業を進めてくれている「友の会」の方々が迎えてくれました。まず、記念写真を撮影して、部屋に入れていただき、そこで美術館について話を聞きました。ちょうど「本居宣長展」をしていたので、本居宣長についての説明もありました。
 いよいよ美術館に展示してある作品を見に行きました。4つの班に分かれての見学です。中には、どうしてこんな色を出せるんだとろうと感動している子もいました。「家族とまたいっしょに来たいです」という子どもたちの感想に友の会の方々も喜んでくれていました。




 美術館の部屋で弁当を食べた後、博物館「みえむ」に行きました。
 博物館に着くと、ミエゾウが迎えてくれました。三重県のことを展示した基本展示、発掘されたものが展示されている企画展、「先っちょ志摩に生きる」という特別展を見学しました。
 子どもたちは、「もっと時間をかけて見たかった」、「また来たい」などの感想を出していました。