本文へスキップ

砂浜がきれいな町新鹿町にある、新鹿小学校・新鹿中学校

  電話でのお問い合わせは
TEL.0597-86-0012,0013

〒519-4206 三重県熊野市新鹿町916-4

 活動の様子平成29年度

平成29年度11月の活動

 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 平成30年 1月 2月 3月

2017年11月18日(土)
文化祭リハーサル

 文化祭がいよいよ明日となりました。
 最後の仕上げに、開会式から通してリハーサルをしました。演奏や発表はあとの学校それぞれの時間に練習することとして、舞台への出入りや楽器などの出し入れなどを一つずつチェックしながら練習していきました。
 明日の文化祭では、みんなが笑顔で輝いてほしいと思います。


2017年11月17日(金)
甫母までスクールバス運行が再開

 17日(金)15時から、甫母までの道が通れるようになりました。
 二木島のバイパスの崖崩れは、まだ直っていませんが、二木島里から海岸沿いに走れば、甫母まで行くことができるようになりました。

              
2017年11月17日(金)
文化祭準備

 小3年から中3の子どもたちが力を合わせて、文化祭の準備をしました。
 会場設営担当の生徒から説明を受け、いすやパネルを出して、設置していきました。
 準備ができたら、学校ごとに練習をしたり、作品を展示したりと忙しい1日でした。

2017年11月13日(月)
小中合同制作

 小中全員が中学校のホールに集まって、合同制作をしました。
 3つの班に分かれて、縦看板を2つ、横看板を1つつくりました。小1から中3までみんなわきあいあいと作業をして仕上がりました。
 縦看板は正門前と体育館入口に、横看板は体育館舞台の上に設置されます。

2017年11月13日(月)
体育館の準備

 文化祭まであと1週間となりました。体育館で練習できるようにシート敷きをしました。
 中学3年生の4人がリーダーとなり4つの班で作業を進めました。シートを等間隔に敷き、ずれないようにテープで固定していきます。4人のリーダーがそれぞれ指示を出して、小学校3年生からみんなでてきぱきと作業をして準備ができました。

2017年11月10日(金)
小中合同合唱の練習

 これまで小中それぞれで練習していましたが、小中合同合唱を始めてあわしました。
 毎年合同合唱をしているので、子どもたちはいいハーモニーを聞かせてくれました。音楽の先生から、「こうしたら、良くなるよ」とアドバイスをしてもらい、すぐに修正できていたので、すごいなあと思いました。
 文化祭当日の歌声が楽しみなところです。

2017年11月9日(木)
手話教室2回目

 今回も、手話講師の2人の山本さんに来ていただいて、手話教室を行いました。
 舞台での練習を見ていただきながら、適切な手話になっているかチェックしていただき、より適切な手話にしていきました。
 生徒たちはずいぶん台詞も手話も覚えていて、舞台から観客に届くよう声を出していました。文化祭まで残り10日となりました。これから最後の追い込みでどんな演技を披露してくれるか、楽しみなところです。

2017年11月8日(水)
全校遊び

 毎週水曜日の全校遊び。ながながタイムを利用して全校でたっぷりとレクをしました。
 今回は、「ヘルプ・ミー!」という遊びだそうです。ドッジボールを3つ使って、楽しく遊んでいました。ゲームの間中、体育館を所狭しと走り回っていました。

2017年11月7日(火)
小学校 全校音楽

 小学生も文化祭に向けて力が入ってきました。
 全校集まって、合唱と合奏を音楽室で合わせています。バラバラに練習から、みんなで合わせる練習にかわり、いよいよ仕上げになります。
 文化祭での発表が楽しみなところです。

2017年11月6日(月)
遊木の道路

 教育委員会から、遊木への道路が仮復旧されたと連絡がありました。でも、朝、昼、晩の3回1時間弱通れるようになるのだと言うことですが、雨が降ると危険なので通れなくなります。
 だから、スクールバスはこれまで通り「里の上」バス停を乗降車場とします。元通りになるまで、もうしばらく、お待ちください。

                
2017年11月6日(月)
小学校 11月集会

 後期が始まって初めての集会でした。
 前後期役員の挨拶に続いて、「児童会から」「委員会から」「学級から」「先生から」と続きました。
 委員会も後期で交代したので、後期の役割などの紹介がありました。
 3年生からは社会でまとめたことを発表していました。

2017年11月2日(木)
舞台稽古、始まる!

 手話劇の練習がいよいよ本格的になってきました。今日から体育館で舞台上での練習です。
 位置の確認や手話が観客から見えやすくなるような向きの確認をしながら、練習が繰り広げられました。
台詞を覚えるだけでも大変なのに、それに手話をつけているので大変だと思うのですが、生徒たちはいいものを求めて意見を出し合いながら練習を進めていました。
 元になる手話台本を見せてもらいました。細かく手話を工夫して書き込んでいます。