本文へスキップ
安心・安全で笑顔のあふれる学校

電話でのお問い合わせはTEL.0597-97-0029

〒519-5412 三重県熊野市紀和町大栗須1番地

活動の様子(平成28年度)activity

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

平成29年2月

2017年2月27日(月)
給食準備の様子

ランチルームで給食の準備をしているところです。
給食当番がごはん・おかずをよそって、テーブルにおいておきます。
それを順番に並んだ子どもたちが一品ずつお盆に入れていきます。
今日のメニューは、ごはん・やきそばとみそしるでした。
とてもおいしかったですね。
給食当番さんごくろうさま。
いつもおいしい給食を作ってくれている調理員の門さんありがとうございます。


2017年2月24日(金)
ALTのローラさんが来てくれました。

ローラさんは、一昨年9月から月に1〜2回程度、入鹿小学校に来て英語を教えてくれています。
今回、3・4年生は「乗り物」、5・6年生は「教科」の勉強をしました。

○○くん、「バス(bus)」は「ブラックバス(Black bass)」とは関係ないですよ。

○○くんは「宿題(homework)」が裏に隠れている「国語(Japanese)」のカードを引いてしまいました。
ラッキー(?)でしたね。

今日もたくさん英語を覚えましたね。楽しかったですね。
ローラさんありがとうございました。


3・4年の学習の様子(一生懸命がんばってます。)


5・6年の様子(居眠りしてるわけではありませんよ。先生がどこにカードを隠したか見てはいけないのです。)


2017年2月18日(土)
家庭教育講会(育友会主催)

みっくみえの松岡典子さんを講師にお迎えして、家庭教育講演会を実施しました。
まずはじめに、松岡さんが口頭で指示した図を、参加者が描くというゲームをしました。
口で言うだけでは、いかにうまく伝わっていないということを実際に体験しました。
このことを踏まえて、親として子どもに対して「言ったのにやってくれない。」と嘆く前に、きちんと伝わったかどうかを振り返ってみることの大切さということを教えていただきました。

思春期のこころとからだの変化についてもお話をいただきました。
思春期(8〜18歳!)になるとホルモンバランスが不安定になり、落ち込んだり、むかついたりという感情があらわれるようです。
このホルモンバランスが安定するまでこのような感情は続くことがあるそうです。このような感情が起こったときにどうしたらすっきりしたり、元気になったりするかを一緒に考えてあげることが大切です。(ゲームはよくないそうです。)
また「〇〇したらすっきりした。」と言葉で感情を表すとよいとのことです。


保護者のみなさまには、資料を配付しましたので、ぜひご覧ください。
松岡先生どうもありがとうございました。



2017年2月14日(火)
児童集会

児童会役員の進行により、まず5・6年生が歌「花束を君に」とリコーダー演奏「Melodies Of Life」を披露しました。
とてもきれいな歌声と音色を聞かせてくれました。
また、A〜Dの4チーム対抗で得点を競い合うイルカンピック。今日の競技は「4面ドッジ」でした。
2つのボールを使って、田の字型の内野コートにそれぞれA〜Dチームが陣取り、外野・他の3チームとの攻防を行います。
どこからボールが飛んでくるのかわかりません。後ろにも注意を払わないとあてられてしまいます。熱戦の末、Dチームが勝ちました。
その後、今年度最後ということで表彰式があり、4月から行ってきた競技の合計得点が一番高かったCチームとDチームが1位となりました。
児童会役員のみなさんありがとうございました。




2017年2月9日(木)
萩野先生による食育の授業

5・6年「生活習慣病を予防しよう」
生活習慣病を予防するには、今のうちから望ましい生活習慣を身につけること、そのために自分の生活を見直すことが大切だということを学習しました。

3・4年「食べ物で体をつくる」
食べ物は、主な働きによって赤・黄・緑3つのグループに分けられること、これらをバランスよく食べることの大切さを学習しました。
好き嫌いせずなんでも食べましょう。

1・2年「おこめとなかよしになろう」
お米は昔から食べられていて、色々な食べものに変わること、米を大切にして食べることを学習しました。
こめたろうくんもゲストに来てくれました。

萩野先生ありがとうございました。



2017年2月6日(月)
花いっぱい運動
全校で花いっぱい運動に参加しました。熊野市役所から林さんと南さんのお二人に来ていただき、南さんのご指導のもと、プランターに土を入れ、苗を植えました。
卒業式や入学式にきれいな花が咲くように、心を込めてお世話をしてほしいと思います。